NEWS

お知らせ

知覚過敏について

■ 知覚過敏とは?

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、「知覚過敏」の可能性があります。


■ 知覚過敏の症状

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。


また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。


何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。


■ 知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は色々ありますが、共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。(正式名称は「象牙質知覚過敏症」と言います)


[知覚過敏の原因]

ブラッシングのやり方に問題がある

歯周病や歯肉炎が原因

歯ぎしりや噛み合わせが原因

歯科治療が原因(特に歯石取り)

実は知覚過敏ではなく虫歯


■ 知覚過敏の治療法


[知覚過敏が疑われる場合の対処法]

まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。

ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用する。

上記の方法を1週間程度行っても痛みが無くならない場合にはすみやかに歯科医院に行き、知覚過敏の専門的な治療を受ける。

[知覚過敏の専門的な治療法]

フッ化物の塗布

歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で痛みのある部分をカバーする

痛みのある部分へのレーザー照射

以上が知覚過敏の際の基本的な治療法になりますが、知覚過敏の原因には色々なものがありますし、検査の結果痛みの原因が知覚過敏ではないということが判明することもありますので、上記以外の治療が必要になることもあります。



■ 知覚過敏の薬

歯科医院に行けばMSコートやグルーマなどの知覚過敏用の薬を塗布してもらえる場合がありますが、ただ薬を塗布すれば良いというわけではなく、知覚過敏になってしまった原因を追究して、その原因に対する対策を取ることが大切です。




最新記事

すべて表示

★休診日のご案内★

祝日に伴い、7月23日(木)から26日(日)までお休みをいただいております。 27日(月)からは通常診療しております。 また、院内研修のため、7月29日(水)はお休みをいただいております。 恐れ入りますが、、よろしくお願いいたします。

平日21時まで診療

地下鉄大通駅から徒歩5分

市電西8丁目から徒歩1分

 TEL:

 011-219-4618

ミルキーデンタルクリニック

札幌市中央区南1条西7丁目いーなビル2階

TEL : 011-219-4618 / FAX : 011-774-2750

​> 診療内容

​> TOP

​> クリニック紹介

​> お知らせ

​> アクセス

​> 新着情報

© Copyright Milky Dental clinic. All Rights Reserved.