インプラント

011-219-4618 午前11時から夜10時まで診療可

ホーム > インプラント > 従来の治療方法のちがい

従来の治療方法のちがい

インプラントは、自然な歯の配列を復活させるまったく新しい治療法です。健康な歯に負担をかけたり、食事や会話時のトラブルをすべて根本から解決します。

前歯部一本欠損の場合

前歯部一本欠損の場合上の歯の前歯が一本欠損している場合の治療の場合。

 

従来の治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

インプラント治療

欠損部にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着

欠損部にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着。

 

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端)

臼歯部から歯が欠損している場合(遊離端)<下の歯の奥歯(臼歯部)が複数欠損している場合の治療の場合。

 

従来の治療

部分入れ歯で治療

部分入れ歯で治療。健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

インプラント治療

必要な本数のインプラントを埋入

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとします。

 

完全に歯がない場合

下のすべての歯が欠損している場合。下のすべての歯が欠損している場合。

 

従来の治療

総入れ歯

土台になる歯がないため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

インプラント治療

しっかりした義歯

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることが出来ます。また、あごの状態によってはインプラントによって一本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

 

 

特約駐車場のご案内

周辺地図と交通案内

24時間インターネット予約