保存治療

011-219-4618 午前11時から夜10時まで診療可

ホーム > 保存治療 > インレー修復

インレー修復

インレー修復の各回の手順

治療時間は虫歯の大きさ・状態によって異なります。(治療回数のめやす/2回)

インレー修復/1回目術式

  1. 術野消毒BC(0.025%塩化ベンザルコニウム)
  2. 表面麻酔ハリカイン
  3. 浸潤麻酔33G、麻酔は愚者様の病歴や状態によって使い分け
  4. 虫歯部位除去形成バ一、う蝕探知液
  5. (覆髄)ライフ(神経が露髄している場合に使用)
  6. 裏装アイオノジット/光照射・形成
  7. 印象採得<形成部位>
    保険(メタル・CRインレー):寒天+アルジネート
    自費(グラディア):パテ+インジェクション

    <バイト(噛み合わせ)>
    保険:パラフィンワックス
    自費:アップルグリーン
  8. 仮封デュラシールまたは酸化亜鉛ユージノールセメント
    ※状態や症状によって使い分けます。

インレー修復/2回目術式

  1. 仮封剤の除去
  2. 術野消毒必要に応じて
  3. 表面麻酔必要に応じて
  4. 浸潤麻酔必要に応じて
  5. インレー試適咬合紙・口腔外バー・研磨バー
  6. 調整
  7. 合着プロビナイス・スーパーボンド・フジルーティング
  8. 余剰セメント除去

インレー修復

 

インレー修復で使用される器具・材料・薬剤

デュラシール(仮封剤)
デュラシール(仮封剤)

アイオノジット
アイオノジット

トレー(型どり)
トレー(型どり)

形成バーセット
形成バーセット

ハリカイン(表面麻酔)
ハリカイン(表面麻酔)

研磨バーセット
研磨バーセット

 

 

特約駐車場のご案内

周辺地図と交通案内

24時間インターネット予約