保存治療

011-219-4618 午前11時から夜10時まで診療可

ホーム > 保存治療 > コンポジットレジン修復

コンポジットレジン修復

C2の虫歯は神経に近いため、麻酔をして治療

コンポジットレジン修復の手順

  1. 表面麻酔ハリカイン(歯肉表面麻酔をすると針を刺す時の痛みを麻痺させます)
  2. 浸潤麻酔麻酔の種類は患者様の病歴や状態によって使い分けます。注射器は電動のものを使用していますので、極細の33G(ゲージ)の太さの針を使用することができるので、刺入時の痛みを最小にするよう心がけています。さらに、麻酔は体温と同じ38度で保温されているので、麻酔注入時の痛みも、より軽減されます。
  3. 虫歯部位除去形成バー,う蝕探知液
  4. 水洗・乾燥
  5. 歯面処理プライマーにてエナメル質・象牙質表面を処理
  6. 水洗・乾燥
  7. ボンディング剤塗布ボンディング 光照射
  8. 色合わせシェードガイド
  9. レジン充填レジン・充填機
  10. 仕上げ・咬合調整咬合紙

コンポジットレジン修復で使用される器具・材料・薬剤

ハリカイン(表面麻酔)
ハリカイン(表面麻酔)

ボンディングプライマー
ボンディングプライマー

シェードガイド(色合わせ)
シェードガイド(色合わせ)

研磨バーセット
研磨バーセット

咬合紙(噛み合わせ)
咬合紙(噛み合わせ)

形成バーセット
形成バーセット

レジン
レジン

ストッパー
ストッパー

 

 

特約駐車場のご案内

周辺地図と交通案内

24時間インターネット予約